巻蒸

  • 500g×1個入り
    2,500円(税込)
  • 筑紫亭

『ミシュランガイド熊本ー大分 2018 特別版』にて一つ星として評価を受けた創業明治34年の日本料理筑紫亭。その筑紫亭にて創業当時から受け継がれてきた一見かなり風変わりでありながら、一度食べたら忘れられない銘菓がこの中津藩由来の『巻蒸(けんちん)』です。薬膳南蛮風蒸し菓子『巻蒸』は江戸文化文政の頃、中津藩の画人で外科医でもあった田中信平が、長崎で唐人と交わり、漢方料理の一つとして生み出したものです。本葛、砂糖、小麦粉に濃口醤油から作られるそのあまりに独特すぎる風味ともっちり感、木耳のコリコリとした歯ごたえなどは、老若男女すべての層に喜ばれる事間違いないでしょう。

秘書の評価コメント

2019.06 品評時点

他にはない珍しいお品なので、話のネタとして抜群です。きくらげのコリコリとした食感が楽しく、特に健康志向の方へお贈りすれば喜んでいただけると思います。(製造業 秘書歴2年)

接待時の手土産として良いと思います。貴重な郷土菓子ということで、その価値が分かる方に差し上げたいです。甘さも控え目で、クセになる味わいです。(商社 秘書歴3年3ヶ月)

珍しいだけでなく伝統ある品なので、ご年配の役員や食通の方への贈り物として最適だと思います。お茶うけにも使える、上品な甘さの和菓子です。(卸・小売業 秘書歴11年3ヶ月)

商品特性

こんな方へ

ココがイチオシ

店舗基本情報

店舗地図
セレクションから選ぶ
接待の手土産 セレクション 2019
ジャンルから選ぶ
シーンから選ぶ
価格帯から選ぶ