【2019 特選】伝統と新しい時代への挑戦が生んだ進化系羊羹

【2019 特選】伝統と新しい時代への挑戦が生んだ進化系羊羹

接待の手土産 編集部
接待の手土産 編集部
接待の手土産編集部です。37,000人の秘書会員と連携し、手土産に役立つ情報をお届けします。

「接待の手土産 セレクション 2018」で「香木実」で特選を受賞した長門屋本店から、美しい創作羊羹が登場しました。切るたびに変化する絵柄や、創意性にあふれたパッケージは、手にした人の心がパッと華やぐ魅力にあふれています。


郷土菓子を守りながら、新シリーズを創作

郷土菓子を守りながら、新シリーズを創作

 
長門屋は1848年(嘉永元年)に福島・会津若松で創業。かるめら、黒パン、あんこ玉など会津らしいお菓子を手作りしてきた、老舗にして素朴な和菓子店です。

東日本大震災を経て、伝統のお菓子を継承することの大切さを改めて感じたと同時に、培ってきた技術を新しい時代につなげたいと、「PONTE(架け橋)シリーズ」の制作をスタートし、その試みは2017年グッドデザイン賞を受賞しました。「羊羹ファンタジア」は、その第三弾として同年春に誕生した商品です。


おいしく、楽しく、夢のある羊羹を

おいしく、楽しく、夢のある羊羹を

 
夜空に浮かぶ黄色い月は三日月から満月へ、青い鳥は休めていた羽根を大きく羽ばたかせて……切るたびに絵柄も色合いも変化し、希望に満ちたストーリーを物語る「羊羹ファンタジア」。
透明な空の部分は錦玉羹、雲は小倉羊羹、鳥と月は爽やかなレモン羊羹と、味わいの異なる羊羹を幾層にも流し入れ、クランベリーや鬼クルミ、レーズンで食感もにぎやかに。

羊羹は、長門屋が古くから作り続けるお菓子の一つですが、重い、地味、味に変化がない……と若い人からの人気は遠ざかりつつあったといいます。

お客様からの声で特に気になったのが、「切り分けるのが面倒」ということ。ホールケーキのように切り分けるのがワクワクする羊羹は作れないかと、6代目店主の鈴木静さんと職人たちがアイデアを繰り出し、夢のある前向きな絵柄を考案しました。

往年のジャズナンバーから取った副題「Fly Me to The Moon」(私を月に連れていって)は、新しいことにチャレンジする方への願いが込められています。


インスピレーションは現代日本画から

インスピレーションは現代日本画から

 
羊羹とリンクした鮮やかな花々が印象的なパッケージは、福島県在住の日本画家・舛田玲香さんの描き下ろし。ちょうど商品開発を始めた頃、店主の鈴木さんが、とある展示会で舛田さんと偶然知り合い、伝統技法を今に伝えたいという想いで意気投合したそうです。「羊羹ファンタジア」の‟月と鳥”という図案も、舛田さんの華やかで前向きな作風に影響を受けたといいます。

絵柄を一番きれいに楽しめるよう、カット時のガイドライン付きで、残った分は元の箱にすぽっと戻せる仕様になっており、残った分を保存するのも面倒…といった手間もありません。職人とデザインの力で、羊羹のマイナスに捉えられていた部分が見事に解消されています。


「切り分ける」楽しさもギフトに込めて

「切り分ける」楽しさもギフトに込めて

 
美しくストーリー性のあるビジュアルは、SNSでも話題に。そのため、品評会の前から気になっていたという秘書の方々もたくさん。実際に食べてみて、羊羹の上品で爽やかな味わいに、味も申し分ないと納得された様子でした。個分け包装が増えている今だからこそ、切り分けるスタイルに新鮮味を感じたという方も。
「年代問わず集まるきっかけになりそう」「切り分けるのが楽しいのでオフィスに持っていきたい」「イベントで飾るのも面白そう」と、手土産やギフトとしての利用シーンの幅も広がります。


門出を華やかに祝うシーンに

大きく羽ばたいてく青い鳥の図柄は、新しい場所や転機を迎える方にぴったりです。外国人ゲスト向けには、日本の細やかな伝統技術をアピールするきっかけにもなりそうです。若い方からお年寄りまで、きっと進化系羊羹の美しさのとりこになることでしょう。


著者の紹介
接待の手土産 編集部
接待の手土産 編集部
ぐるなびが運営「接待の手土産」編集部です。37,000人の「こちら秘書室」会員と連携し、本当に信頼できる手土産のお役立ち情報をお届けします。

※本記事は、公開時点での情報であり、取材に基づいたコンテンツです。記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。
セレクションから選ぶ
接待の手土産 セレクション 2019
ジャンルから選ぶ
シーンから選ぶ
価格帯から選ぶ