海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-

  • 鯛、ヒラメ、サヨリ、でびら
    4,860円(税込)
  • 巴屋 清信

瀬戸内・広島の海の幸“魚”を巴屋清信独自製法・しぼり焼で一匹ずつ丁寧に職人が焼き上げました。海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-は鯛、ヒラメ、サヨリ、でびらをおめでたい尾頭付きのみを使い、あえて添加物を加えず味付けもせず、素材が持つ濃厚な旨みと香りを最大限に引き出しました。剥製の様なその姿、パリパリッとした食感、4種類の魚それぞれの本来持つ香りと旨みを縁起の良い尾頭付きでお召し上がりください。お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまでカルシウムが豊富でお喜びいただけます。また、日本酒、ビールのお供に最適です。是非一度お召し上がりください。

  • 2019特選
  • 海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-の内容画像
  • 海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-の紙袋画像
  • 海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-の包装画像
  • 海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-の箱画像

秘書の評価コメント

2019.09 品評時点

お魚本来の風味が、口の中に入れた瞬間に広がるので、お魚好きの方には間違いなく喜ばれると思います。食べやすいですし、尾頭付きで縁起も良く、お祝い事にも最適です。(不動産業 秘書歴6ヶ月)

魚が丸ごとおせんべいになっているものは珍しく、なかなか見ない種類の魚もあり、目でも舌でも楽しめる一品です。手軽に食べられる上に栄養価も高く、自分が贈られたいと思うほどです。(コンサルタント・会計・法律関係 秘書歴19年6ヶ月)

日本酒がお好きな方に差し上げる品として、間違いないと思います。素材そのものの味を楽しめるので、お子さまの食育としても良さそうです。(コンサルタント・会計・法律関係 秘書歴10年)

【2019 特選】100%広島産。魚を丸ごとプレスし旨味を凝縮

【2019 特選】100%広島産。魚を丸ごとプレスし旨味を凝縮

「接待の手土産 セレクション 2018」で殿堂入りした巴屋 清信の「海鮮しぼり焼詰合わせ」。今回、新たに100%広島産の4種類の魚が入った新商品「海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-」が、「接待の手土産 セレクション 2019」特選を受賞しました。


2社が成功を信じ、タッグを組んで作り上げた新しい煎餅

2社が成功を信じ、タッグを組んで作り上げた新しい煎餅

 
広島で店を構える創業70年の巴屋清信。看板商品である海鮮しぼり焼は、同じく広島で牡蠣養殖業を営む山広水産の「広島の特産物である牡蠣で煎餅を作ってみては」という提案から2010年に開発されました。当初は「ちりめんじゃこや海老を使用した煎餅はあるが、牡蠣を煎餅にできるだろうか」と半信半疑だったそうです。

試しに作ってみると1つ目は成功しましたが、2つ目以降は失敗続き。多くの失敗作が生まれる中、成功を信じ1年半もの間、自社で研究と改良を重ねていった結果、ついに成功。商品化にいたるまで山広水産は牡蠣を無償で届け続けたといいます。「どちらか1社では完成しなかった」と代表の清信さんは言います。2社が心を1つにして作り上げたのが海鮮しぼり焼です。


おめでたい席にも。尾頭付きの海鮮しぼり焼はインパクト大

おめでたい席にも。尾頭付きの海鮮しぼり焼はインパクト大

 
海鮮しぼり焼は魚介を丸ごと煎餅にした、個性的でインパクトのある商品。数あるしぼり焼の中でも、尾頭付きの魚ばかりを集めたのが海鮮しぼり焼・祭-MATSURI-です。

鯛・ヒラメ・サヨリ・でびらなど、姿かたちに自信のある魚、4種類をセレクト。すべて頭から尾までの姿焼きのため、おめでたい席での贈り物としても喜ばれます。
見た目はもちろん、味も格別。特殊な製法でプレスしパリッと焼き上げているので、魚介の持つ旨味や風味が最大限に活かされています。


海鮮しぼり焼は素材が命。味付けは一切なし

海鮮しぼり焼は素材が命。味付けは一切なし

 
商品に含まれる100%広島産の4種の魚の中でも、自慢の味がヒラメです。刺身や煮つけなどで食べるのが一般的なヒラメは、醤油で味付けすることが多いもの。しかし、しぼり焼きは味付けを一切していません。そのため、素材の良さと本来の旨みを存分に感じることができます。

「高価な魚をたくさん食べて舌が肥えた方にも、是非原点に戻っていただき、魚そのものが持つ旨味を味わっていただきたい」と清信さん。余計なものは入れずに素材と技術で勝負する商品だからこそ自信を持ってお贈りすることができます。


魚の顔がのぞく可愛らしいパッケージ

魚の顔がのぞく可愛らしいパッケージ

 
透明の丸い窓から魚が顔を出した、可愛らしい見た目の個包装も魅力のひとつ。立体の箱状になっているため、中身が割れにくく、手土産として持ち運ぶのに最適です。
日本の伝統色が使われた手提げと外箱にも是非ご注目を。辛子色の手提げと鶯色の包装紙にはそれぞれ2つ巴の家紋が施されています。


素材の良さをダイレクトに感じる、シンプルで味わい深い味 

創業70周年を迎えた巴屋 清信。長年の確かな技術によって作られる、オリジナリティ溢れる海鮮しぼり焼には、2つの企業の信頼と絆の物語がありました。常に改良を重ね、努力を惜しまない作り手の想いは、手土産となってお相手の元へきっと届くはずです。

噛めば噛むほどに旨味を感じる海鮮しぼり焼は、お酒が好きな人をはじめ、舌が肥えている方にも素材そのものの良さがダイレクトに伝わる商品です。


※本記事は、公開時点での情報であり、取材に基づいたコンテンツです。記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

店舗基本情報

店舗地図
セレクションから選ぶ
接待の手土産 セレクション 2019
ジャンルから選ぶ
シーンから選ぶ
価格帯から選ぶ