【2018年12月】SNSで話題になった手土産! 5選

【2018年12月】SNSで話題になった手土産! 5選

接待の手土産 編集部
接待の手土産 編集部
接待の手土産編集部です。36,000人の秘書会員と連携し、手土産に役立つ情報をお届けします。

クリスマスも終わり、街も一気に年末ムード。年末年始のお休みを利用して実家や義実家に帰省する際、手土産を持っていく方も多いですよね。今回も「接待の手土産」公式Facebookで“12月中に話題になった手土産”を5つピックアップしてご紹介しますので、ぜひ帰省の手土産などの参考にしてみてください。


「お体に気をつけてください」という気持ちが伝わるギフト

「お体に気をつけてください」という気持ちが伝わるギフト

1年間じっくりと蜜に漬け込んだ生姜を、滋養に良いアーモンドなどの素材と一緒に、タルト生地で挟んだ一品。
口の中でほろほろとほどけるような食感や、食べやすい一口サイズも魅力的です。
「六瓢息災(むびょうそくさい)」という名前は、ユニークかつ縁起が良いので、お相手にも喜ばれそうですね。


関連リンク
六瓢息災(むびょうそくさい)3種セット・30個入り | 廣尾瓢月堂 中目黒店

南国育ちのレモンをふんだんに使った、とっておきのレモンスイーツ

南国育ちのレモンをふんだんに使った、とっておきのレモンスイーツ

生地に混ぜるレモンピールを作るのにかかる時間は、なんと3日以上!
しっとりとした口当たりの生地に、爽やかな香りと甘酸っぱさがぎゅっと閉じ込められた、フレッシュなスイーツです。
2018年の「今年の一皿」にもノミネートされ、注目が集まっている“国産レモン”を使った品ということで、話題性も◎


関連リンク
宮崎れもんケーキBOX 10個入り | メレンダ・ア・マーノ

「美しい」と話題! 切る度に絵柄が変わる羊羹(ようかん)

「美しい」と話題! 切る度に絵柄が変わる羊羹(ようかん)

切る度に違った断面が登場し、切り分ける一手間を楽しみに変えられる、新感覚の羊羹。
手がけたのは、創業170年の老舗和菓子屋「長門屋」です。
使っている素材も一般的な羊羹とは異なり、意外性抜群。中の鳥と月はレモン羊かん、上にはクランベリーや国産の鬼クルミ、レーズンがトッピングされています。
写真映え間違いなしなので、SNSを使っている方にも喜ばれそうです。


関連リンク
Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア | 長門屋本店

栗の味をしっかりと味わえる、極上の栗きんとん

栗の味をしっかりと味わえる、極上の栗きんとん

和栗では最大級の大きさを誇る「がんね栗」を、たっぷりと使用!
その風味と上品な甘みが伝わる、なめらかな口当たりが人気の一品です。
美味しさはもちろん、常温で日持ちする点も、手土産として嬉しいポイント。


関連リンク
がんね栗衛門 | 株式会社がんね栗の里

手軽さも◎ 本物の竹に入った「ちまき」&「おこわ」

手軽さも◎ 本物の竹に入った「ちまき」&「おこわ」

「竹ちまき」をはじめ、「桜おこわ」や「鶏ごぼうおこわ」など、ちまき専門店「竹千寿」で人気の6種類を詰め合わせたギフト。
竹に入ったまま電子レンジで温めて、そのまま食卓に並べられるので、贈り先にも手間を掛けさせません。
本物の竹を使っているので、見た目だけではなく、竹の持つ香りや趣、味わい深さを楽しむことができます。


関連リンク
竹千寿6本セット | 竹千寿

年末年始に「一緒に楽しめる」手土産が人気に

縁起のいいネーミングの品や、年配の方にも嬉しい「ちまき」と「おこわ」、子どもと一緒に盛り上がれること間違いなしの新感覚羊羹など、12月に話題になった手土産は、老若男女、みんなが美味しく、楽しめる品が多くラインナップしました! 年末年始は、家族や友人と集まるタイミングが多いからこそ、「みんなで一緒に楽しめる」というポイントで手土産を選ぶ人が多いのかもしれませんね。
「おいしい」の笑顔を増やす手土産とともに、素敵な年末年始をお過ごしください。


著者の紹介
接待の手土産 編集部
接待の手土産 編集部
ぐるなびが運営「接待の手土産」編集部です。36,000人の「こちら秘書室」会員と連携し、本当に信頼できる手土産のお役立ち情報をお届けします。

※本記事は、公開時点での情報であり、取材に基づいたコンテンツです。記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。