ラムドラ

  • 12個入
    4,104円(税込)
  • 株式会社梅月堂

自家製のラムレーズンはマイヤーズのダークラムを100%使用。ラム酒が十分に染み込んだレーズンを噛めば、芳醇な香りが広がります。北海道産大納言小豆を煮立てて作る自家製どら餡を1枚1枚手焼きの薄カワで包み込みました。すぐに食べたい気持ちを抑えて、少し時間を置いて召し上がっていただくと、じっとりとケーキのような食感でお楽しみいただけます。時を待つ愉しみもオトナの嗜み。それでは、佳い、時を。※3個入1,000円、6個入2,000円もございます。※「ラムドラ」は、梅月堂の登録商標です。

  • 2019特選
  • 2017入選
  • ラムドラの内容画像
  • ラムドラの紙袋画像
  • ラムドラの包装画像
  • ラムドラの箱画像

秘書の評価コメント

2018.10 品評時点

以前、鹿児島出身の方に手土産として取り寄せたことがあります。お店の対応も良く、味も上品な美味しさで、安心して使える商品です。また、どこから食べてもレーズンが入っているようにレーズンを配置していると聞き、すばらしいなと思いました。(商社 秘書歴4年)

「ラムドラ」というネーミング、パッケージのレトロ感、小豆とラムの組み合わせという独自性がすばらしいですね。個包装で日持ちもするので職場への手土産に最適だと思います。(製造業 秘書歴4年9ヶ月)

包みを開けた瞬間にラムの香りがほわっと広がり、五感で頂けるおいしさがあります。和と洋の調和がとれているので、外国の方に和菓子を知ってもらうのにも良いお品だと思います。(建設業 秘書歴9年6ヶ月)

【2019 特選】ラム酒じゅわり香る これはオトナの、どら焼き。お子様は、オトナになってから。

【2019 特選】ラム酒じゅわり香る これはオトナの、どら焼き。お子様は、オトナになってから。

忙しく過ごした一日の終わりに、心をほっと解きほぐすご褒美のようなどら焼きを――そんな思いがこもった「ラムドラ」。老舗和菓子店がまじめに取り組んできた伝統の味に、4代目夫妻の‟好きなもの”が加わって、大人好みの贅沢な和菓子が誕生しました。


ベースは60年以上焼き続けるぬれどら焼き

ベースは60年以上焼き続けるぬれどら焼き

 
梅月堂は、鹿児島県・日置で1921年創業の和菓子専門店。「質と材料を下げてはならない」という創業者の信念を大切に、まじめにコツコツと和菓子を作り続けています。山椒の葉や青海苔・黒胡麻が香る「湯之元せんべい」は地元を代表する銘菓。どら焼きも定番商品で、長らくファンに愛されてきました。

4代目店主の石原さん夫妻が、東京勤めから梅月堂に戻ったのは2013年。まず実感したのは、若者の和菓子離れでした。若い方にも和菓子を手に取ってもらいたい、梅月堂らしさとは何だろうと考えたとき、定番のどら焼きが目に留まります。この手焼きの皮のしっとり感……東京で食べた数多くのどら焼きの中でも群を抜いているのではないか。さっそく材料や甘さを見直し、翌年にしっとり感を打ち出した「ぬれどら焼き」を販売しました。


夫の好きなお酒、妻の好きな餡バターがヒントに

夫の好きなお酒、妻の好きな餡バターがヒントに

 
東京にいた頃は夫婦ともに多忙だったという石原さん。自身は仕事終わりのお酒が楽しみで、妻は餡バターに目がない。「ぬれどら焼き」の評判が上々なのを受け、次は「働いている人が明日からまた頑張れるご褒美どら焼き」を作れないかと、二人の好きなものを組み合わせた新商品を開発することに。この商品開発には、長年続いてきた会社に、チャレンジ精神をとり戻したい、という石原さんの気持ちもこめられていました。

餡に合うラムレーズンを求めて、既製品を取り寄せたり、製菓用のラムで手作りしたり。試行錯誤すること半年、コクと香りを濃厚に漂わせた大粒の自家製ラムレーズンが完成します。選んだのはマイヤーズのダークラム。漬け込む日数も試作を重ね、ラムの辛さが残る程度を見極めました。


材料と製法にこだわり、より一層おいしく

材料と製法にこだわり、より一層おいしく

 
ラムレーズンに合わせる餡は、「ぬれどら焼き」と同じ北海道産の大納言小豆。粒が程よく残る状態に練り上げています。

薄く柔らかい皮には、濃厚なラムレーズンと餡を受け止められるよう、コクのある国産はちみつを使用。地元の灰持酒(あくもちざけ)でコクと照りをプラスしています。直径7センチの小ぶりなサイズに、ラムレーズンは7粒。どこから食べてもラムレーズンに歯が入り、ラム酒が散るように配置されています。

極上のしっとり感を味わうなら、製造から2、3日寝かせるのがおすすめ。レーズンにたっぷり含ませたラムが、餡と皮にじんわり沁み込むベストなタイミングです。コーヒーやお茶はもちろん、お酒との組み合わせも楽しめます。


本格的なラムの風味で甘いものが苦手な方にも

本格的なラムの風味で甘いものが苦手な方にも

 
品評会では、「ラムレーズンと小豆の組み合わせがとても素晴らしい」「しっかりラムが効いており、手間がかかっているのを感じます」「小ぶりですがどっしりしている」と、その意外な組み合わせと美味しさに注目が集まりました。本格的な味わいと上品なサイズ感が、大人の満足感につながる理由です。

生菓子なのに寝かせたほうがおいしい、という点も手土産として独自性があります。「3日間寝かせてください、とお伝えすると印象に残りますね」
ラムの香りが程よく、普段お酒が苦手という秘書の方からもおいしいとお墨付きがありました。甘い物が苦手、お酒が苦手という方にもおすすめしてみてはいかがでしょう。


ちょっと仕事の手を休める贅沢なひとときを贈りたい

疲れているときにいただく甘い物の効果は絶大。お酒の効いた濃厚などら焼きは、忙しい日々を過ごしている方に、ほっと一息ついてもらうのにぴったりです。店名にちなんだウグイスと梅の包装紙、インパクトのあるカタカナのネーミングなど、ちょっぴりレトロなデザインも珍しく、贈った先で楽しい会話が弾みそうです。


※本記事は、公開時点での情報であり、取材に基づいたコンテンツです。記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

店舗基本情報

店舗地図
セレクションから選ぶ
接待の手土産 セレクション 2019
ジャンルから選ぶ
シーンから選ぶ
価格帯から選ぶ