藤原紀香さんもお気に入り! 「接待の手土産」セレクション2019 特選30 発表会レポート

藤原紀香さんもお気に入り! 「接待の手土産」セレクション2019 特選30 発表会レポート

接待の手土産 編集部
  接待の手土産 編集部
接待の手土産編集部です。37,000人の秘書会員と連携し、手土産に役立つ情報をお届けします。

ぐるなびは4月23日、秘書業務サポートサイト「こちら秘書室」(会員数 約36,000人)の会員秘書が選んだ「接待の手土産 セレクション 2019」特選30品を発表しました。女優の藤原紀香さんによるトークセッションや試食体験が行われた発表会の様子をご紹介します。


大きな風呂敷から最新トレンドを反映した特選30品が登場

大きな風呂敷から最新トレンドを反映した特選30品が登場

 
のべ1000名以上の現役秘書が参加する年間約10回の品評会において、ビジネス使いにふさわしいと評価された手土産を集めた「接待の手土産 セレクション」。特に評価の高い商品を「特選」、通算3回「特選」を獲得した商品は「殿堂入り」に選出しています。

発表会には華やかな赤のワンピースで登場した藤原さん。お仕事の関係者や歌舞伎俳優である旦那様のご贔屓筋への贈り物など、手土産を購入する機会は非常に多いのだそう。今後の手土産選びの参考にするべく、発表会を楽しみにされていたそうです。

ステージにセットされた大きな風呂敷包みを藤原さんが解くと、特選に選ばれた手土産がお目見え。洋菓子部門は定番の焼き菓子やチョコレート、フルーツを使った独創的なスイーツなど11品、和菓子部門には老舗の名品から最新技術が用いられた“進化系和菓子”など9品、お飲物部門にはお茶やお酒など3品、お惣菜・調味料部門には海の幸を中心とした7品が選ばれました。


新たに1品が殿堂入り。「選んだ方にも満足していただけるような商品を」

新たに1品が殿堂入り。「選んだ方にも満足していただけるような商品を」

 
表彰式では、洋菓子部門の京都吉兆の「フルーツゼリー寄せ」、和菓子部門からは下鴨茶寮の「料亭のちりめんナッツ」、お飲物部門からは神宮司庁御用達銘茶 芳翠園の「名人憲太郎詰合せ」、お惣菜・調味料部門からは銀座若菜の「銀座お詰合せ 麗(うらら)」、さらに殿堂入りとしてBicerin SHINJUKU TAKASHIMAYAの「バーチ・ディ・ダーマ 25個入り」のそれぞれ代表者の方が登壇。

藤原さんからトロフィーを受け取った各社の代表者の方からは、「お客様のお声を反映させていただいた」「選んだ方にも満足していただけるような商品をこれからも作り続けたい」など、開発時のエピソードや商品に込めた思い、受賞の喜びが語られました。


手土産選びのキーワードは「レストラン」「全国」「パッケージ」

手土産選びのキーワードは「レストラン」「全国」「パッケージ」

 
続いてのトークセッションでは、「こちら秘書室」の室長と現役秘書会員3人が、最新の手土産選びの傾向を藤原さんに伝授。それぞれ1つずつキーワードを挙げ、それに合ったおすすめの手土産を特選の中から藤原さんにご紹介しました。

1つ目は“レストランの手土産”。「自宅に居ながら有名店がこだわってつくった本格的な味が楽しむことができ、さらにお店に行かないと買えないという特別感がある」という理由から、銀座の日本料理「Kuma3(くまさん)」でコース料理のデザートとして振舞われる「銀座わぐりへしれけーき」をチョイス。試食した藤原さんは「和栗が柔らかく、自然な甘さ。お酒が好きな方にも合うと思います」と、その本格的な味わいに納得されていました。

2つ目は“全国の逸品”。「お渡しする相手にとって縁のある土地の品が会話のきっかけになれば」との思いから、藤原さんのご両親の出身地である和歌山の岩谷「紀州梅真鯛梅 六個入」をご紹介しました。紀州南高梅に甘酢みそで味付けた真鯛のほぐし身は、「お茶漬けに合う! お夜食にもぴったりです」(藤原さん)とのこと。また、紀州がご自身の名前の由来になっているエピソードにも触れ、「縁のある土地のものをいただくと、たしかに、自分のことを知っていただけていることが伝わって、うれしい」と笑顔を見せていました。

3つ目の傾向“トレンド感のあるパッケージ”として紹介されたのが、手まりをイメージしたギフトボックスがかわいらしい綾 farmの「セミドライフルーツ彩りボックス」。蓋を開けると、和紙調の袋に包まれた国産の果実を使ったのセミドライフルーツ9種類が広がるように並びとても華やかです。ネクタリンを試食した藤原さんは「生で食べているように果汁が広がります。パッケージに心がときめきますし、どれをいただこうか迷いつつもワクワクします」と声を弾ませていました。


詳細な情報&コメントはお渡し時のコミュニケーションにも

詳細な情報&コメントはお渡し時のコミュニケーションにも

 
現在、10年来の友人への引っ越し祝いを探している最中だという藤原さん。お引越しの予定日が平成から令和に変わる5月。「新しい元号になってもよろしくお願いします」という思いも込めた贈り物にしたいとのことで、さっそくスマートフォンから「接待の手土産」サイトを使って、手土産を選んでいただきました。

お渡しする方はお酒好きな女性。さらにイチゴが好物ということもあり、「食べる宝石」の愛称で親しまれる「MIGAKI-ICHIGO」のブランド開発をした宮城県の農業生産法人GRAのスパークリングワイン「ミガキイチゴ・ムスー」がとても気になった様子。商品ページ内の「こちら秘書室」の会員秘書からのレビューも熟読し、震災後に宮城で創業されたという商品開発の経緯について「差し上げるときに合わせてご紹介したい」と感銘を受けていました。


平成から令和へ 新たな時代も手土産で感謝を伝えたい

 
新しい時代を迎えるタイミングということで、「平成で出会ったいろいろな方が私自身を成長させてくれました。分野問わず、その道のプロの方からたくさんのことを教わり、学びの令和にしていきたい」と語った藤原さん。「今日いただいたものはすべてインプットして使わせていただきます!」と、「接待の手土産」のサイトも積極的に活用していただけるとのこと。「手土産は、自分が選んでいるときに幸せになり、その気持ちが相手にも伝わるもの。みなさんも手土産を通じ、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか」とメッセージもいただきました。

会場では特選30品に選ばれた商品の試食コーナーも設けられ、地方から参加した事業者の方々が自らが、来場者に商品の由来や素材について説明する場面も。手土産を通し、温かなコミュニケーションと新たなネットワークがここでも生まれていました。

手土産選びのプロである現役秘書の目利きにより選ばれた「接待の手土産 セレクション 2019」。厳選された商品の数々を、ぜひチェックしてみてください。


著者の紹介
接待の手土産 編集部
  接待の手土産 編集部
ぐるなびが運営「接待の手土産」編集部です。37,000人の「こちら秘書室」会員と連携し、本当に信頼できる手土産のお役立ち情報をお届けします。

※本記事は、公開時点での情報であり、取材に基づいたコンテンツです。記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。